HOME > 本・教材・DVD > 倒産するとどうなるのか?
在庫切れです。

※この商品は販売を終了いたしました。

「これ誰が聞くの?」というCDを作ってしまいました。

本当に、誰が、こんなCDを聞きたがるのでしょう?
でも、この時期だから、こういう音声を作らざるを得なかったのが事実です。

どんなに良いことを言っても、通じるときもあれば、通じないときもある。
そういう視点から、あえてこのCDを制作しました。

今回の震災は、被災者の方々には申し訳ないですが、
中小企業経営者にとっては、大きな学びが得られる良いきっかけになっています。

ここ数ヶ月、弊社がお伝えしたことの中にも
普段では、なかなな重要さがわからないことが多くありました。
そして、こういうタイミングだからこそ伝わった…というものがいくつもあったと自負しています。

※具体的には、「Cシステム」や「主流と支流」、「起きないことに注目する」などなどです…。

そして、このこともどうしてもお伝えしたいことの一つです。

それは、柔道で言えば、「受け身」。
人の命で言えば、「死に方」。

そう、企業で言えば、倒産のことです。

「倒産なんて関係ない!」
そう思われた方は、当然のことと思います。
そして、倒産なんてしてはいけないことです。

そもそも、こんな後ろ向きなテーマをわざわざ学んでおく必要があるのか疑問でしょう。

しかし、これから、半年から1年の間に、
何らかの倒産にニアミスされる方々は増えるはずです。
なぜならば、大震災の影響が経営に影響を与えるのは、これからが本番だからです。

ですから、こうした機会に、
一度「会社の死」について学んでおきませんか?というのが弊社の提案です。

このCDをお聞きいただくと、

  • 倒産するとどうなるのか?
  • どうすれば家族が守れるのか?
  • 倒産の手続きってどうやるのか?
  • 借金はどうなるのか?
  • どんな生活が待っているのか?
  • すべての財産を失うのか?
  • 妻や子どもとは別れなくてはならないのか?
  • 親、兄弟にも借金がいかないか?
  • 自宅はどうなってしまうのか?
  • 保証人には迷惑がかからないのか?
  • 社会復帰できるのか?
  • 従業員は納得してくれるか?
  • 財産を守る手段はないのか?

などがわかると同時に、
最悪の場合を想定した準備方法などもわかります。

今回の音声CDでは、経営者が倒産において直面する様々な場面について、
実体験とそのノウハウを話しています。

今まで、倒産について何も考えてこなかった方も、また、今は全く倒産
とは無縁で興味のない方についても、参考になると思います。

この音声が、毎日、心休まる暇なく経営に向かわれていらっしゃる皆様の
勇気と心の拠りどころになることをお約束いたします。

倒産するとどうなるのか?

完売しました。ありがとうございます。
発売日:2011-05-23 6,100円/税込6,588円 在庫切れです。